納得の一杯にたどり着くまで(食材ストーリー)


納得の一杯にたどりつくまで 食材ストーリー

こだわりの素材
水は全ての基本だからトコトンこだわる! 水は全ての基本だからトコトンこだわる!
幼少より、秋田の実家で「ミネラルウォーターより断然うまい!」と感じるほど柔らかでふくよかな地下水を飲んで育った店主。
上京して飲んだ水道水の味にショックを受け「ラーメン屋になるからには、どこまでも水にこだわりたい」と浄水設備の導入を決める。
何台か種類を変えて使ってみると「おいしい水=ラーメン作りの水ではないのでは?」との思いが芽生え始める。
入念な情報収集の末、最後の最後に辿り着いたのが、尊敬するラーメン道の先輩も使用する浄水器だった。
「決まった!ドリルマンのBASSOには、この水しかない!」
店主は水のチカラに感謝しながら、日々麺作りに励んでいる。

秋田の醤油に己のルーツをみる!
素材選びの中で店主が最も苦しんだのは醤油。
オープンから2ヶ月「これだ!」と思う醤油になかなか出会えず、売り上げの全てを醤油に注ぎ込んだ。
一時は訳がわからなくなるほど苦悩した店主は、自分の原点に立ち返ろうと実家のある秋田に久しぶりに帰省する。
そこで父から、地元に江戸時代から続く老舗の醤油蔵があることを聞かされる。
早速取り寄せて使ってみると、今までにない感動で鳥肌が立った。
「これだ!…」懐かしい、ふるさとそのものの味だった。
「ルーツはここにあった」と気づいたのは、このとき。
そこには、「石孫本店 百寿」と書かれていた。
こだわり醤油石孫本店 百寿

秋田を代表する比内地鶏 比内地鶏の深みを痛感!
「ダシには、秋田を代表する比内地鶏を使いたい」 当初からそれを目標にしていた店主だが、やはり比内地鶏はとても高価。オープン当初は滋養鳥をメインに使っていた。
「外で遊ばせている分、骨もしっかりしているし、味も出ている」と、滋養鳥である程度満足していたある日町田で比内地鶏100%のラーメンを食べ衝撃を受ける。店主は店に頼み込み、比内地鶏の脂を味見させてもらう。
「値段じゃない、この味だ」―
比内地鶏をダシに使うことに、もう迷いはなかった。


運命に導かれて出会った秋田の小麦!
店主が深く敬愛する先輩が醤油製品のイベントで、期間限定ラーメンを出すというので食べに行く。
ところが麺にいつもと違う性質の小麦粉を使ったことを知った店主は、先輩に直接疑問を投げかける。
「醤油の原材料の小麦と同じ小麦粉を使っただけさ」
至ってシンプルな言葉に、店主は「応えは百寿にあるに違いない!」と石孫本店にすぐさま連絡を。
しばらく言葉がでなかった・・。
その小麦は、かつて父が「全国普及プロジェクト」として関わっていた「ねばりごし小麦」。
不思議な運命を感じ体が震えた瞬間を店主は今も忘れない。
運命に導かれて出会った秋田の小麦!

臨時休業すら辞さない理由!臨時休業すら辞さない理由!
「自分で納得できないものを、とても人さまに出すことはできない」と行列ができる店になっても臨時休業を辞さない店主。
それもこれもひとつひとつの食材そしてスープの出来に決して妥協を許さないからこそ。
基本の水に始まり、ふるさと秋田が育んだ、醤油、鶏、小麦で「一つの大きな円(器)」に帰結する。
ドリルマンのBASSOには、不思議な縁で結ばれた食材たちが絶妙なハーモニーを奏でながらお客様の満面の笑みに出会えることを待っている。