BASSOドリルマン誕生物語


BASSOドリルマン誕生物語




BASSOドリルマンの店主品川は、子供の頃からラーメンが大好きで、ラーメン好きが高じて、20歳の時に、大好きなラーメンを作りたいとラーメン屋を目指す。

後に出会うことになる佐野実氏の「支那そばや」のラーメンを食べ、その美味しさ・奥深さに感動したことが、その決意に結びついた。
   「大勝軒系七福神」「大塚 大勝軒」「川越 大勝軒」「地雷源」での修行を経、自身の味を探求し、2007年6月3日、満を持して、「中華そばゼットン」をオープン。

開店当初は、一人で店を切り盛りしていたが、中華そば・つけそば(つけBASSO)とも、マスコミ・ラーメン通・つけ麺通の間で話題となり、突如として住宅街に大行列のできる人気店に。





ラーメンの達人が新店から探した最高の1杯
年間500杯のラーメンと向き合う矢守達志の1杯
風味も食感もパーフェクトな自家製麺

ラーメン界最高権威TRY認定
輝け!第8回ラーメン大賞2007
新人賞部門優秀賞

dancyu ラーメン最強の60軒
ラーメンはいま、麺の時代へ!

最新行列グランプリ決定!オープン1年未満
ラーメン行列ランキングNo.3

2008年上半期「つけ麺」大賞2008
自家製麺部門1位

ラーメン界最高権威 TRY認定
輝け!ラーメン大賞2008
つけめん部門優秀賞



ところが、マスコミやラーメン・つけ麺評論家の方々からの高評価に対して店主自身はまだまだ自分の麺を表現出来ず、そのギャップに苦しみ、臨時休業や早仕舞いが多くなる。

「おいしいラーメンとは何か???????」

「おいしいつけ麺とは何か???????」


麺づくりの原点に戻って、製麺・スープ・醤油タレ、一から素材と味にこだわり、作り直していく。



そんな中、麺に対する理想のイメージが変わりはじめる。

試行錯誤を続け、一つ一つ勉強し直していく中、理想のイメージが変わりはじめ、本当に自分が表現したいイメージが見えてくる。

小細工なし! ストレート勝負! = 麺を鍛錬する!

ようやく店主自身が納得のいく仕事が出来るようになる。




ラーメン屋にしては一見奇抜とも思える店名「BASSOドリルマン」。
しかし、そこに込められた思いは、いたって真面目一本やり。
子供の頃、算数ドリルをくり返すことで揺ぎない力を得たように、BASSO(麺)をドリル(鍛錬)することで揺るがない一杯を創る。
ドリルマンはBASSOでラーメン界に新境地を拓くー。

BASSOドリルマン 店主 品川隆一郎